革新県政の会・革新市政の会

トピックス

革新市政の会が4月11日にシンポジウム

革新市政の会は、4月11日に、松原市政を検証し“住民こそ主人公”の名古屋市政を展望するシンポジウムを開きます。

急な寒さのなか、憲法をいかす名南連絡会議が街頭宣伝

「イラクへの派兵は戦争への道です」 2月26日午後6時半、神宮駅前で「憲法をいかす名南連絡会議」(代表:小林武・南山大学教授)が、イラク派兵やめよ、憲法を守れの街頭宣伝署名行動を行いました。

業者、労働者、社会保障団体などがシンポジウム

「金持ちの減税は500万円以上」に驚きの声  2月24日夜、労働会館で「2・24増税反対シンポジウム」が開かれ、中小業者や労働者、市民運動のメンバーなど40団体・100人が参加しました。このとりくみは、愛商連・民商を中心とした「3・13重税反対全国統一行動愛知県実行委員会」と、愛労連・愛知社保協・年…

松原市長の市民福祉切り捨て予算に、市民団体の抗議行動あいつぐ

 2月定例市会(2月20日から3月17日)では、敬老パスの有料化や75歳以上の国民健康保険減免制度の改悪など33億円ものお年寄り・市民犠牲をすすめ、その一方で万博や高速道路事業などに湯水のように税金を投入する市政のあり方が、大きな争点となっています。

「イラク派兵反対、憲法をまもれ」 2・18集会に400人

 憲法と平和を守る愛知の会は2月18夜、名古屋栄小公園で「イラク派兵・憲法改悪反対県民集会」を開き400余名が参加しました。

革新市政の会が団体・地域代表者会議

敬老パスの継続求めて市民宣伝など強化 革新市政の会は2月16日、敬老パスの現行どおりの継続を求める宣伝や議員要請、来年の市長選挙をめざしたとりくみを具体化するために、第2回団体・地域代表者会議を開催しました。

敬老パス有料化の予算案で革新市政の会が声明

 革新市政の会は2月13日、同日発表された名古屋市の2004年度予算案について、「敬老パス有料化など市民に大きな犠牲を強いる一方、万博など大型開発に湯水のように税金を投入するもの」とした声明を発表しました。

2003年自治体キャラバン実行委員会が報告集会

地域、団体の共同行動が医療・ 福祉の改善で、自治体を動かす 2月7日、金山の労働会館で昨年10月に実施された自治体キャラバンの報告交流集会が、地域、 団体の代表49名の参加で開かれました。

年金改悪・大増税反対のネットワーク愛知が結成総会

4月4日(日)に「年金改悪・消費税増税反対」県民総決起集会 2月1日、年金制度の改悪や消費税率引き上げなどの大増税に反対するネットワーク愛知の結成総会が中区名証ホールで開かれ、労働者や年金生活者など、120人が参加しました。 「ネットワーク愛知」は、愛労連、県社会保障推進協議会、愛知年金者組合など7…

愛知憲法会議が第33回総会で呼びかけ

「憲法改悪を許さない大きな共同をつくろう!!」 1月31日、愛知憲法会議の第33回総会が北区生涯学習センターで行われ、50余人が参加しました。 はじめに、森英樹事務局長(名古屋大学教授)が、記念講演を行い、「憲法が大変な危機にさらされている。しかし、危機とは、『危険』と同時に『機会=チャンス』でもあ…