革新県政の会・革新市政の会

トピックス新着情報

革新市政の会が代表者会議

夢と希望のもてる名古屋へ大きな共同を 革新市政の会は10月7日、団体・地域代表者会議をひらき、来春の市長選挙をめざした「当面の方針」を決定しました。

県社保協がこくほ・介護なんでも電話相談を開設

切実な相談が殺到する 10月4日、5日、愛知県社保協が電話による「こくほ・介護なんでも相談」を開きました。両日とも午前10時から午後4時まで、県保険医協会、県民医連、愛商連、県社保協、県年金者組合などからケースワーカー、ケアマーネジャ、団体役員などが対応し、21件もの切実な相談を受けました。

革新市政の会が「市政ウォッチング」と「住民・地域運動交流集会」を呼びかけ

革新市政の会は、来春の市長選挙にむけたとりくみとして「市政ウォッチング」と「住民・地域運動交流集会」を行います。お問い合わせは革新市政の会事務局(電話916-2148)まで。

みなと医療生協「九条の会」が発足

地域住民と職員100人が参加 9月28日、みなと医療生協「九条の会」発足集会が開かれ100名が参加しました。本秀紀名古屋大学院教授が「憲法をいかすのは誰か」と題して講演しました。

疑惑を究明する会が市長に謝罪と談合再発防止を申し入れ

新南陽工場問題の訴訟で官製談合が厳しく断罪される 名古屋市のごみ焼却施設・新南陽工場の建設をめぐる住民訴訟で、9月21日に判決が確定しました。

道路公害反対県民会議、総会と交流会を開く

市の環境破壊の道路建設とたたかう住民運動が交流 9月23日、名古屋都市高速道路反対連絡協議会など29団体・個人が加盟する道路公害反対愛知県民会議が、第11回総会および第7回道路公害反対運動交流集会を19団体、42名の参加で開きました。

東海自治体問題研究所が豪雨4周年でシンポジウム

「東海豪雨の教訓はいまだに生かされていない」 東海自治体問題研究所・東海豪雨研究会は9月18日、「東海豪雨の教訓を考える」シンポジウムを開きました。東海豪雨研究会は、 2000年12月からこれまでに42回にわたって研究会 […]

「愛知介護の会」、第6回総会を開く

05年介護保険見直しのねらいを学び、地域から介護改善の運動を 9月18日、女性会館で、第6回介護の充実を求める会愛知連絡会(「愛知介護の会」)の総会が開かれ、95人が参加しました。総会に先立ち、三成一郎氏(前日本共産党社会保障対策委員会責任者)による「『社会保障の総合化』と介護保険見直しの焦点」と題…

革新市政の会が2004年度総会・学習交流会

市民との大きな共同で“市民が主役”の名古屋を 革新市政の会は9月12日に千種区内の理容会館で、来春の名古屋市長選挙をめざし2004年度総会・学習交流会を開催。各団体・地域から160人以上が参加しました。

名古屋市政を改革する基本方向革新市政の会

2004年9月12日、革新市政の会世話人総会で提起 *基本理念 憲法第9条をまもり、名古屋を平和とくらし、人権の発信拠点に 日本国憲法第9条は、日本が“二度と戦争をしない”ことを誓ってつくられました。この9条とあわせ、国民主権、基本的人権という憲法の三大原則は、「地方自治の本旨」という形で、名古屋市…