革新県政の会・革新市政の会

トピックスー諸団体の活動

あいち平和のための戦争展開催 愛知の戦前の軍事基地、軍需産業の掘り起こし、貴重な資料展示

2016あいち平和のための戦争展が、8月11日から14日まで、名古屋市公会堂で開かれました。

市民要求実現の運動、態勢強化、政策立案加速を 革新市政の会が団体・地域代表者会議開く

名古屋市の革新市政の会は、8月2日、団体・地域代表者会議を、熱田区の労働会館で開きました。来年4月には名古屋市長選が迫っており、ここに向けた諸活動の強化、具体化を確認しました。33の団体、地域組織から50人が参加しました […]

市民団体が名古屋城の木造復元を考える市民討論会 「推進」「慎重」で議論 「挙手アンケ―ト」では、「耐震改修」でが多数

市民団体「市政を考える会」(駒瀬銃吾代表。事務局・元名東区選出社民党市会議員の冨田勝三氏)が呼びかけた「名古屋城天守閣の木造復元を考える」市民討論会が、5月27日、名東区役所講堂で開かれました。50人を超える人たちが参加 […]

市長選まで1年 いまこそ憲法が暮らしにいきる名古屋をつくろう 革新市政の会が臨時総会

革新市政の会は4月26日、臨時世話人総会を、労働会館東館ホールで開きました。あと1年後に迫った名古屋市長選に向け、活動を本格的にスタートするために開いたものです。活発な討論を経て、運動方針、基本政策素案を確認しました。

やめて!戦争法 天白の会 名城大生に戦争法廃止2000万署名呼びかけ

「やめて!戦争法 天白の会」は、4月19日、名城大学生の通行が多い地下鉄塩釜口駅前一帯で宣伝行動を行いました。朝一、昼一の授業にやってくる学生に合わせ、戦争法廃止を求める2000万署名を呼びかけ、署名用紙を刷り込んだチラ […]

革新県政の会が県予算について学習と交流会

革新県政の会は、4月5日、名古屋市内で、愛知県の2016年度予算についての学習・交流会を開きました。

憲法が生きるまち名古屋をつくろう 市民団体がつどい

「憲法が生きるまち名古屋へ」をテーマにした市民集会が、3月6日、名古屋市熱田区の労働会館で開かれました。名古屋市職員労働組合など8団体によるつどい準備会が開いたもので100人が参加しました。

名古屋市役所前で「年金引き下げは憲法違反」訴え「年金訴訟」愛知でも440人が提訴

あいち年金者組合の人たちが2月25日昼、「年金引き下げは憲法違反」と訴える宣伝行動を名古屋市役所前で行いました。100人を超える人たちが参加しました。

「選挙に行こう」「野党は共闘」などアピール シールズ東海がデモ 民主、共産、社民党幹部も参加

安保法制に反対する学生団体SEALDs TOKAI(シールズ東海)が呼びかけた「自由と民主主義を守るための名古屋デモ」が、28日、名古屋市内で行われました。若者、支援者ら1500人が中区・白川公園に集まり、大須商店街など […]

小出寛昭・中日新聞社長が講演 あいち医師・歯科医師九条の会、県保険医協会が憲法のつどい

あいち医師・歯科医師九条の会と県保険医協会共催の「第21回憲法のつどい」が、2月13日、名古屋市内で行われました。中日新聞社長の小出寛昭氏が「ジャーナリズムから見た憲法の漂流」と題して講演を行いました。約100人の参加者 […]