革新県政の会・革新市政の会

2022年11月17日

知事予定候補・尾形けいこさんの紹介

愛知県の革新県政の会が、2023年の県知事選挙(1月19日告示・2月5日投票)で予定候補者として推薦した尾形けいこさんを紹介します。

<尾形けいこ・プロフィール>

1957年7月、三重県四日市市うまれ、65歳。
現在、「緑の党・東海」共同代表。名古屋市昭和区在住。家族は夫、娘、孫息子と4人暮らし。

  • 大阪外国語大学ロシア語科卒業
  • 流通大手に就職しましたが、お茶くみ・伝票書きだけのOL業務に不満。第1子妊娠でやむなく退職。
  • 夫の転勤で4ヵ国(アメリカ・フランス・ベルギー・ブラジル)に暮らしました。
  • 英語・フランス語の通訳として働きました。
  • 福島原発事故後、残りの人生を脱原発のために使おうと緑の党グリーンズジャパン結党に参加しました。
  • ダム・リニアなど環境問題、気候変動問題にも関心を持ちました。気候危機に立ち向かう若者らを応援し、有機農業とオーガニック給食の推進の運動にも参加しています。
  • 性犯罪をなくすフラワーデモ、女性の貧困に立ち向かうSNAW(女性によるセーフティーネット愛知)のイベントにも参加しています。
  • 好きなものは、ミステリー小説。
  • 最近ハマっているのは、ベランダで段ボールコンポスト(堆肥作り)。

<尾形けいこがめざすもの>

ストップ気候危機
安心の暮らし
ジェンダー平等